製作日記

<<前のページ | 次のページ>>
2021年10月11日(月)

暑いんですけど・・・・
夏終わったんじゃないんですか!?やだ〜〜!!

PC担当:カメムシがなぁ・・・・

私:去年よりはまだ少ないがやはり侵入してきやがる。
サッシの溝に液体が溜まる位の量の防除剤を散布してるのでそこで90%は死ぬが摘まみ取る除去を怠ると死兵を乗り越えて入ってきやがる・・・

PC担当:今年もスターシップトルーパー必至だな。

私:だが、大型の越冬個体は少な目なので去年の駆除がかなり効いてるのははっきり判る。
この調子で駆除を怠らなければこの地域からは絶滅させられるかもしれん。

PC担当:何年くらい?

私:あと30年位。

PC担当:無理ゲーじゃねえか・・・・


だいたいカメムシ類は飛翔力が強く行動半径がデカい虫なので地域で減らしたら別の場所から飛んで来るだけなので地域で駆除しても2〜3年でひっくり返されます。

マジどうにかして欲しい。

ファイザーとかモデルナは今回儲けた金でクサギ、アオ、スコット、マメのみに効く選択毒性を持った駆除薬剤を、いやもう駆除ウイルスでもいいから開発して欲しい。
このままでは俺の嗅覚がコロナでもないのに破壊されそうです。


面白い現象ですがアシナガバチとかスズメバチとかのハンターの基地(巣)ができた場所の窓からは全く侵入してこないので、空になった巣でも取らないでそのままにしてあります。

 

両隣のサッシの隙間からはバンバン侵入してきます。
薬剤散布具合は同じなのに明らかに蜂の巣のあるサッシからは侵入ゼロです。
下手な薬剤より効果あるんじゃないかコレ?

PC担当:なかなか興味深い現象だな。

私:大きなシノギのにおいがするな。



最近また視力が落ちた気がします。
胃薬のせいかと思ってましたが薬変えてもなんかよく見えません。老眼レベルが上がってしまった・・・・
と、思ったら作業用眼鏡の表面が気化した溶剤で喰われてやんわり溶けて平滑が失われてました。

 


そろそろレンズを新調せねばなるまい。

PC担当:心の眼で見れば良いんじゃね?

私:忍者か俺は!



画像はヘッドの仕上げ作業に使う鋏とか鉗子。
どれも本職用なのでお高い。

 

とくに医療用のメッツェンバウムとか理美容の本職用の鋏はもうビックリするほど高額です。

だが、このレベルの道具じゃなければ瞼や唇廻りのバリを除去したり、睫毛の先端を斜めに削いで先細りさせたりの加工は出来ません。

鋏とピンセットはナマクラはいけません。

どちらも机の高さから床にダイレクトに落とすと50%の確率で終わり。
刃先から落ちたらその場で終了なので、たとえ刺さって怪我してでも足の甲とかでワンクッション受けて衝撃を和らげる様にします。
カッターとか替え刃の奴は安いし落として刃こぼれしても刃を変えるだけなので良いんですが、この鋏とかを足で受け止める癖が付いてるおかげでカッターにも反射的に足を出してしまい結構怪我します。

つい受け止めてしまうのですよ・・・・
何万円もする鋏とか怪我してでも守りますが数百円のカッターで怪我するのは割に合わない。

そしてカッターの方が得てして深傷を負うのでますます割に合わない。

PC担当:鏝みたいに落下防止紐を着ければ良いじゃん。

私:種類が多すぎるし刃物は紐の僅かな引っ張り抵抗で切断線が曲がったりズレたりするからなぁ・・・・精密作業にはちょっとな。
あと前に半田鏝にゴム紐着けたら落とした時にびよ〜んと戻ってきて火傷したし・・・・

PC担当:コント赤信号かよ・・・・

衣裳担当:普通の紐にすればよいところをなんでゴム紐を使うんですか?馬鹿なんですか?

私:ですよね〜!



刃物は自分で砥石で研ぎますが、新品レベルまでは完全に研ぎあげるのは難しい。
出来なくはないですが三種類の砥石でやらねばならんので時間が掛かりすぎるのでやりたくない。

以前は何回かに一回は腕の良い研ぎ屋さんに頼んでましたが、そのレベルには追い付かん。
アレは凄かった。
産毛が剃れるなんてのは当たり前、俺が研いだ鋏でも産毛くらい剃れます。
水で濡らしたティッシュペーパーをサクッと先端まで切れるのは生半可な研ぎじゃ出来ません。

そういう職人はほんと少ない。


その研師さんそんなに歳じゃなかったんですが奥さんを無くしてからみるみる衰えて若年性のアルツハイマーを発症して行方不明からの見知らぬ土地で車中発見という辛い事がありましてね・・・・

男って本当に弱い生き物ですよ・・・・

だから勇ましいフェミの皆さん!
男をあまり虐めちゃいけないよ!

ララァ!私の母になってくれ!(CV:池田秀一)

衣裳担当:説得力のある話だったのにそのオチで台無しです。

私:いじめないでおくれよーボクはわるいスライムじゃないよ!

PC担当:服を溶かす系のわるいスライムにしか見えんな。

私:それは男のロマンじゃないか!

衣裳担当:罰金確定です。

TROTTLA

industria   imitazione
許可無く当ページ内の文字情報、画像を複製、出版、放送等に利用する事は禁止致します。
TOPページへ
Copyright (C ) 2005 TROTTLA All rights reserved