TROTTLA

industria   imitazione
許可無く当ページ内の文字情報、画像を複製、出版、放送等に利用する事は禁止致します。
TOPページへ

製作日記

<<前のページ | 次のページ>>
2017年2月26日(日)

畜生!鼻水が止まらねぇ!!
なんだってこんな杉林ばっかりなんだよ高尾山!

一日一箱じゃティッシュ足んないYo!覚えたての中学生か!

PC担当:今のはアウトだよな?

衣裳担当:アウトです。



今いろんな抗アレルギー薬が処方箋無しで薬局で買えますが、不整脈持ちで喘息持ちの私は迂闊に服用できません。

運動して体を鍛える事で殆ど問題ない生活を送る事が出来るようにはなりましたが不整脈も喘息も完治はしません。
不整脈は期外収縮だから別にたいした心配は無いですけどね。
遺伝だから治るもくそも無いし。

製造担当:まず煙草やめなきゃダメだろ・・・・

私:みんな煙草が悪いと言うがね、ソレで発作起こしたことは一度も無いのだよ。
だいたいどちらも極端な寝不足とか風邪薬とかが引き金。
て言うか目の前で煙草吸いながら禁煙しろ言うな。


あと喘息の薬で不整脈発生っていう救いの無いパターンがあるので怖い。
昔、喘息治療薬のフェノテロールで死にかけた。あれ不整脈持ちが過度に使うとまじで心臓止まる時ある。
それと危なかったのはサラリーマン時代に徹夜続きでカフェイン製剤の飲み過ぎで長時間の不整脈と喘息発作が同時に起きたときもやばかった・・・・
もう全然息吸えないの、危なく波紋呼吸法を修得するとこだったよ。

PC担当:ツェペリさん容赦ないな。

私:で、耳鼻科行った時、花粉アレルギーの治療薬で出されたのがまたフェノテロールでさ、また死にかけた。二度死ぬとこだった。007かってのよ!

PC担当:映画化決定!007死ぬのはつらいよ。

製造担当:柴又生まれのジェームズボンド・・・・面白いなそれ。

私:このベーリンガーインゲルハイムのフェノテロール製剤、ベロテックって名前だけどすげえ時計仕掛けのオレンジっぽくね?

PC担当:ああ・・・牛乳で割ってモロコベロテックとか・・・ホントだ!それっぽい!


衣裳担当:他にアレルギーとかは?

私:鯖とか鰊とかニンニクとか蕎麦とかいっぱいあったけど克服した。今でもダメなのはキウイぐらいだ。

PC担当:どうやって?

私:駄目な物を一種類毎に微量摂取して慣らしてく。

PC担当:毒手か!男塾の影慶かよ!

私:知っているのか雷電?

製造担当:蕎麦アレルギーってヤバイ奴じゃないの?

私:俺の場合はなぜか腹壊すだけ。ニンニクは血便出るくらいに腹壊した。
あとの奴は蕁麻疹。
正確に言うと蕎麦アレルギーはまだ完全には治ってない、蕎麦食うと腹は壊さなくなったが何故か歯茎が腫れる。
でも蕎麦うまいし好きだから食う。
最近は更に耐性付けるために蕎麦茶のんでる。

PC担当:老化でアレルギー反応も衰えてきただけじゃねえのか?

私:じゃあなんで花粉症は治らねえんだよ!

衣裳担当:花粉も貯めといて一年中少しずつ吸い込んだら良いのでは?

私:それだ!

PC担当:煙草以上に周りに迷惑だろ!



さて、あいかわらず毎日毎日フレーム造ってます。

飽きた・・・・て言うかヤスリと電動工具の使い過ぎで手首がつらい・・・・あと溶剤で皮膚がボロボロ。

製造担当:我慢しろ!こっちも同じだわ!

  

疲れてくるとリューターとかドリルを保持してる手のホールドがいつのまにか弱まり、撥ね飛ばされる時がありますよね。

特にリューターはビットが切削対象物の表面を走って暴れた時は怖い。

たいがい親指やられます。

肉削げるので痛いったらない。

衣裳担当:手袋すれば良いのでは?

私:回転物は手袋とか巻き込まれると指骨折するから素手の方が良いんだよ。
それに三角ビットとかだと皮手袋くらい余裕で貫通するし。


骨格が完成したらあとは鋳型して表皮を定着させれば完成です。

が、何度やっても鋳型は100%全ての回で上手く行く事はありません。

何らかの偶発的な理由で大なり小なり問題が発生します。

事後修正が出来る範囲の誤差であればまぁ問題はないんですが、虫とか異物が混入するとおしまいです。

虫とか水分の含まれた異物が混入すると瞬間的に沸騰して大量の気泡が発生するのでごく小さな虫でも修正不可能なダメージになります。
まじムカつく虫けら!
全滅しろ!
半島ごと!

PC担当:おやくそく過ぎ。


また、ナンだこりゃレベルの失敗も稀に起こります。て言うか起こってしまいます。

そんな時は原因を調べて記録して、その後サッサと鋳型をやり直します。

その為に必ずオーダー内容に応じた予備の骨格を数種類ストックしておく様にしてます。

二回連続で失敗すると後がありません。


一度鋳型の超高温に曝された骨格は全バラシで組み直して作動をチェックして耐熱上のワンウェイパーツは交換する必要があります。

骨格本体は鋳型時の温度より高温に耐える素材ですから何ら問題はないですが、扇動部分の固着防止用の潤滑油は高熱で飛びます。

なので組み直しと共にその部分のシーリングは再度行わなければなりません。

油切れのまま再度加熱すると必ず金属製の駆動部が熱膨張でキンクします。
アルミニウムの扇動部が噛むともう修理不能です。
その点マグネシウムのパーツは噛みにくいので高いけど楽です。

マグネシウムの方が軟らかいので噛みそうですが、軟らかい素材故に表面処理の硬度が非常に高いので噛みにくいみたいです。

うちで使ってるアルミニウムとマグネシウムのそれぞれの延管はどうも鍛造時の圧延処理がかなり違うみたいですね。
アルミニウム管の方は普通ですが、マグネシウム管は明らかにマグネシウムの物性を越えた強度ですよ。
考えてみたら値段が倍以上違うので当たり前か。


なので洗浄して古い油脂を除去して新しい油を塗布し直さなければなりません。

これが1から骨格造る程ではないにしてもかなりの手間が掛かります。


新しい工房はスペースに余裕があるのである程度は造り置きが利きます。

そこで、1412と1108両方の型とそれぞれの予備のフレームをあわせて14体分まとめて造ってます。

手首が疲れる訳だコリャ。



画像はドリルのストック。
売るほどあります。

  


2.8mmとか3.2mm 5.1mm 5.6mm 7.2mm 7.7mmとか12.8mmとか変なのを多用するので店に買いに行っても在庫切れが多いのでまとめて注文して5〜6本ずつ買ってます。

良いドリルはそれなりに価格が高いので金掛かりまくるけど使い捨て。
少し鈍ってきたら躊躇なく捨てます。

切れない刃物を使い続ける程危険な事はないからです。

研磨機も買いましたが、復活するのは孔開け2回が良いとこ。
3回目はもう切れないので時間の無駄だと悟りました。

鈍ったドリル刃使うとFRPとかCFRPのドライ切削の場合たいがい出口が砕け飛びます。

そうすると最悪パーツがダメになってロストするか、軽い場合でも必ず補修しなければソコから割れたりしますので結果的に余計時間食います。

マジで金掛かるんですよフレーム製作は。


リュータービットも新品を沢山ストックしてますが、部材に潜り込むドリルと違って回転部がオープンなので常に外気に触れてるので熱なまりは起こしにくく以外に長持ちします。

 

使用直後のビットをうっかり触って火傷するのはよくあるのでガスで冷却しながら使ってます。

あと高温になったビットでマグネシウム削るのマジで怖いからというのもあります。

   
2017年2月20日(月)

私はゾロアスター教徒なのでバレンタインデーなどという浮かれた風習は関係ありません。

PC担当:クリスマスと同じネタを使うな!



戦争や紛争当事国同士ならば戦略として要人暗殺もあるだろうが、自国要人、しかも肉親を暗殺するとか頭おかしい。
中世かよ。

こんなのが隣国なんだから日本はほんとに大変だ。

半島は上下とも関わらないのが一番ですね。



最近あまり酒を飲んでません。
飲みたいんだけど飲む暇がない。

 

酒を飲んだら八時間は空けないと運転や作業に支障が出るので最近の製造ターンの生活サイクルでは飲む暇がない。

晩ごはん食べて風呂はいって寝て起きて朝飯食ってまた仕事に向かうまでの時間はだいたい7時間弱です。
(昼飯は基本的に食べません。おやつとか間食もしません。て言うか晩飯も少ししか食べません。朝飯を二人前位、どんぶり飯で大量に食います。)


アルコールの分解には体調とか個人差とかあと飲んだ総量とかの要素がありますが、確か8時間位だったと記憶してます。
だからこの一時間の差が万一のことを考えると恐ろしいので飲めないんですよ。
酒が完全に抜けるまでは車を運転したら飲酒運転になりますから。

7時間経てばアルコールチェッカーには多分出ませんが、出なきゃ合法ってもんでもないと思います。

交通事故ほど馬鹿馬鹿しいものはない。

なのに世の中は飲酒運転が無くなりませんね。

飲酒運転は自分も死ぬかも知れないし関係ない他人の命を奪ってしまう可能性も高い愚か過ぎる行為だと思いますが、やってる人はその認識が無いんでしょうね。

いい加減にしないと煙草みたいに酒自体が禁止の流れになりかねませんね。

街中見てても明らかに飲んでるような蛇行運転してる車とかたまに見ますね。

これも近寄らない、関わらないに限ります。

八王子ははっきり言って飲酒運転が多い気がしますよ。
あとトラックとかダンプカーの運転マナーが悪い奴が多いです。

トラックとか最近は前向きに明るめの赤燈を設置してる奴すらいる。
コイツらも頭がおかしい。

飾りのランプとかポジションランプの5Wクラスの明るさじゃなくて、フォグランプの30Wクラスの明るさの赤燈を前向きに照射して走るとか、死にたいのか?

これは強力に取り締まって欲しいですよ。
ほんとに危ないです。

自分は仕事柄深夜とか明け方に車乗りますが、信号無視する車とかもかなり多いです。

しらふなら信号無視は危なすぎるのでまずしないでしょうから、多分飲んでるんじゃ無いかと思いますね。

こないだも信号無視のトラックに危うく突っ込まれそうになりました。
ほんと勘弁してほしいですよ。



さて、今週も製造ターンの続きです。
撮影行ってる暇はないのでそんなに目新しい画像はありませんすいません。

衣裳担当:中身の写真とか載せたらどうですか?

私:パーツ単体なら良いんですが、完成した骨格は社外秘の塊ですのであまり画像には出したくないんですごめんなさい。



画像は1108の足パーツ。
パーツ単体だと左右の差が見分けにくいので接合部(接続するときに少し削って加工する)の形状を左右でわざと変えてます。

 

よく見ると捻りの形状とか土踏まずの部分のえぐれとかで左右差はありますが、同じパーツ同士をまとめて大量に組み上げる時に加工前パーツの山積み状態で右左が非常に判別しにくかったりします。

以前全く同じ形状にしてたら、組み上げたとき両方とも右足だったみたいな阿呆なことがありましたので、安全策で見た目が明らかに違う識別ポイントを作ることにしました。


製造担当:肘とかも判りにくいよな。

私:肘とか膝は曲がる方向とボルトの差し込み方向が決まってるので組む段階では判りやすいので大丈夫。

あと間違えやすいので注意が要るのは内蔵のスタンド受けプレート金具の裏表。
これ間違うと大変です。

PC担当:支える機能的には問題ないんじゃない?

私:挿入側はスタンド金具がスムーズに入るように穴の縁の角を面取りしてポリッシュ加工してあるのよ。
裏返しにつけちゃうとスタンドを接続するときに完全に垂直に差し込まないと入らない。
面取りしてあれば多少ルーズな角度でもスルリと入るのだよ。



あと友達ん家の冷蔵庫にあったマグネット。

 


衣裳担当:ピーターラビットは可愛らしいですね。

私:これは大きなウサギが子ウサギの襟首を掴んでカツアゲしてるとこだよな?
「オウッ!はやく金出せやコラァ!」

PC担当:言われてみれば・・・・

衣裳担当:違います!!あなたが一番頭おかしいです!!

Copyright (C ) 2005 TROTTLA All rights reserved