製作日記

<<前のページ | 次のページ>>
2024年2月25日(日)

最近なんか連休多くないすか?

PC担当:学生とか公務員とか普通の会社の社員じゃないオッサンにありがちな意見。

私:いや、それも確かにあるんだがなんか昔みたいに中日が休日ってのが減ってない?
みんな土日にくっついてる様な気がすんだけど・・・・

PC担当:気のせいじゃね?

私:気のせいか・・・・

衣裳担当:そんなとっくに国の方針で決まったなるべく連休になる様にした休日設定に今更そんな感想を言われても・・・・

私:え〜・・・・そうだっけ?・・・・

PC担当:ほら、このオッサン転生者だから。
こっちの世界の知識がな。

衣裳担当:そういえばよく小鳥を肩に載せてるとこ見ましたね・・・・

私:あの話は文鳥だろ!ウチのはセキセイインコだ。



画像は倒木の処理。
竹だけでも大変なのに樹高10M超えのこのレベルの奴が倒れると処理が大変で死ねる。
生木はとにかく重い。

   

 

完全に倒れきってりゃまだ楽なんですが大概何かに引っ掛かってるので切断時の跳ね返りが超危険。
あと倒す方向間違えると大惨事。
他の木に引っ掛かって嵌まり込んでやがるとその廻りの木も切らなきゃならん場合が殆どでとにかく仕事量が多い。
切った後運ぶのも大概重労働。
もちろん腰は大ダメージを受けて数日間苦しむ。

こんなのが数本ですよ・・・・マジで辛い・・・・
ゴーレム入りの瓶を持ってたら迷わず割る。

PC担当:あの瓶入りゴーレム実は一番強くね?

私:言われてみればそうだよな。

衣裳担当:今の会話で今後だいたいどんな衣装を造れって言われるか解りました・・・・


あと新規量産フレーム。
毎日毎日フレーム造り。
これも結構腰に悪い。

 

PC担当:造り過ぎだろ!

私:いや、ボディー鋳型失敗したら分解してやり直すより新しいの使って待ち時間に失敗分を分解した方が速いのでロット分プラス一機は用意したいからなるべく多めにな・・・・

PC担当:失敗しないようにしろよ。

私:偶発的な失敗の可能性はいまだに排除できんのだ。
作業中の気温変動までは制御しきらんから。

2024年2月17日(土)

先週の雪では酷い目に遇いました。
2014年の時程じゃなかったので油断してましたが湿り雪で重かったので倒木がね・・・・

斜面の竹林(破竹)がドミノ倒しで崩壊して道路を塞ぐし入り口の坂は折れた木と枝でバリケードが構築されて入れないしで
雪掻きを始める前に既に倒木処理やら落下物除去の重労働がある事を理解して見た瞬間に途方にくれました。

おかげで数日間疲労と筋肉痛で体ガタガダでしたわ。

独りでダンプ一台分に匹敵する雪と倒木を処理するには3日近く掛かりましたよ。

PC担当:それはお疲れさん。

私:貴様ぁ〜!

PC担当:いやぁ〜丁度ほら、ルーター交換とその準備、あとセキュリティ設定とかの作業があったんでね、そっちまで行けなかったんだよ。
そもそもこの作業依頼を出したのアンタだしな・・・・
どのみち自転車じゃ積雪路面は無理だし。

私:ぬっ・・・・くっ!

衣裳担当:でも運動不足の解消になったのでは?

私:運動と言うより労役だよコレは・・・・


画像は竹雪崩。
工房裏から脇の斜面の竹がすべて倒れるというダイナミックな状態。
テトリスとかぷよぷよで言ったら連鎖全消し状態。

   

真竹とか孟宗竹は雪が溶ければ段々曲がりが反発して元に戻りますが破竹は雪が溶けても曲がったまま。
根性無しめ・・・・

PC担当:だがタケノコは美味いという。

私:そうなのよ!
それがなかったらモンサントバイエルとか住友園芸の力を借りて根絶やしにしてくれるのに・・・・

衣裳担当:ここって国定公園内では?・・・・



あと新設計パーツを搭載する1108量産フレーム。
文字通り量産開始。

 

雪掻きと倒木処理の後遺症で腰と股関節と膝と肘と手首と指と肩と肩甲骨辺りの背中が痛てぇ・・・・

衣裳担当:それ関節全部では?・・・・

私:顎と首と足首は大丈夫。

PC担当:やっぱり頭は駄目なんだな。

私:頭蓋骨に顎以外の関節は無ぇだろ!

2024年2月4日(日)

寒いと人が死にます。
血圧関係で疾患を抱えてたり、単純にご老齢の人は急激な寒暖差にやられるリスクが高くなるからでしょうが毎年この時期は通夜とか葬儀とかに出席する頻度が上がり嫌な季節ですよ。

PC担当:あー・・・・確かにその傾向はあるよな。

私:月に三回とか勘弁して欲しい。
哀しいのは勿論だが香典も辛いしなにより場所が遠いと1日以上時間がつぶれて仕事の進行にも影響が出てしまう。

衣裳担当:まぁ仕方ないですよね・・・・
慶事なら数ヶ月前の事前に予定が判りますが葬儀関係はいきなりですから。


まぁとにかくいい歳になったらヒートショックとかに気を付けないとあっさりお脳の血管が破れたりするらしいので注意が必要ですね。
特に風呂とトイレは危ないと言われてますよね。

PC担当:いつの間にか他人事じゃねぇ歳になったよな・・・・


あと一人暮らしの場合大切なのは常に携帯電話とかスマートフォンを手の届くところに置いとくのが大事です。

前に友人が脳出血をやらかした時、たまたまポケットにスマホがあったので自身で救急車を呼んだって状況の話を聞いたんですが、発症後激しい頭痛と共に直ちに脚腰に力が全く入らなくなり歩く事も這いずる事も叶わず、動く左手で119番してオペレーターに状態と住所を告げてる数分の間にみるみる呂律が回らなくなってきてあと数分電話掛けるのが遅れたら話すことも出来なくなってアウトだった、とのこと・・・・

PC担当:怖ぇぇ!・・・・

衣裳担当:まさに間一髪ですね・・・・

私:俺はかなりの低血圧だから高血圧による動脈硬化とかのリスクは低いんだが、お医者様に言わせると低血圧で不整脈持ちだと脳出血のリスクは低いが脳梗塞のリスクは高めだとの事でいつも脅される。

衣裳担当:詳しく!

私:なんでも不整脈によって心臓周辺でできた小さな血の固まりが脳内の血管に詰まって脳梗塞を引き起こす症例があるらしい。

PC担当:なるほど。


なのでとにかく水を飲め、あと酒は程々に、それと煙草ダメ!絶対!
って毎回毎回言われますが、後半部分は日本語がよく解らないふりをして聞き流してます。

衣裳担当:駄目過ぎます・・・・

PC担当:このオッサンはそもそも脳内に人の言う事を聞くという機能自体が搭載されて無いからな、血管が詰まっても詰まってなくても最初から機能の一部が不全だから平気だろ。

私:バカにするな!聞く時もある!

衣裳担当:完全に否定はしないんだ・・・・



あとさっきニュースで観たんですが漫画原作者が自分の作品のドラマ化にあたって原作ストーリーと解離した内容に悩み、それが引き金になって自殺してしまったというのを読みましたが、自分は当事者ではないので詳しい経緯については推測の域を出ませんが、普通に考えりゃ既に先んじて連載されてたり完成されてたりする世間に発表済みの物語ってのは先ず原作ありきですからアニメ化もドラマ化も脚本家や演出家の作り手としての仕事は二次創作になりますよね?
ならば先行者たる原作者の意向は絶対だと思うのですがね。

どういう契約内容であったとしても二次創作である以上は原作の物語を壊さずにうまく表現した上で新たな視点とか動画でしか再現できない良さを載っけてくのがプロフェッショナルの仕事じゃないですかね?
それを原作者が嫌がる様な改変を勝手に行っても良い作品になるとは到底考えられませんし、そこは普通に自分の主張を遠慮がちに出した上で話し合って落としどころを決めるってのが筋って言うかクリエイター同士の仁義じゃないですかね?

二次創作でも面白いものを造り出す才能を持った人はたくさんいます。
例えば攻殻機動隊とか原作の士郎正宗先生の原作漫画が面白い上にアニメ化されてかなり別物になった奴も勿論面白いです。
こういうのが本当にセンスがある脚本家とプロデューサーがいい仕事した例ですよね。

が、件のドラマの脚本家さんに関しては原作弄ったあげくたいして面白くないドラマになったとかの噂の前科もある様でまだその域の才能に届いてないんじゃないかと思いますがどうなんでしょうね?
自分はドラマとか見ませんから詳しくは知りませんからこれも憶測に過ぎませんが、本人はそれなりに努力はしてるんだとは思いますよ。
ただ今回は原作者様に対する態度とか対処が悪かった様で反省すべき点は多いでしょ。
局の意向とかいろいろ上や回りからのプレッシャーもあったんだろうなとは思いますが人死にが出た以上は逃げ回る訳にもいくまい。

自分の経験上マスコミやメディア連中、それとクリエイターを使って一儲けしようと画策している様な会社とかコンサルとかはたとえ契約書があっても約束なんざ守りませんよ。
やれ世間に拡めてやるだのウチで売り出して今より儲けさせてやるだの上から目線で嘘ばっかり。
それはもう清々しいレベルの上から目線ですわ。
ゼロから造り出せない中途半端な覚悟の奴等の集まりの癖に・・・・
世の中金持ってる奴の方が立場が強いからまぁしょうがないんですけどね。

優秀で配慮にも長けた脚本家さんは沢山居るんでしょうけど、一部の勘違いした脚本家さんは本来は創作に携わるクリエイターの筈なのにそういう所に所属して働いて馴れ合ってると知らず知らずのうちに自身が原作者様より偉くなったと錯覚して自分の仕事の礎となる物を与えてくれているお方に対する配慮が失くなる人が出てきてしまうのかも知れませんね。
その仕事は誰のお陰でやれるのかを忘れちゃったらもう駄目ですよ。
力のある側についたとて同じクリエイター同士尊重しあう間柄でなけりゃ作品として更なる高みへの昇華は望めませんよ。

そもそも先ず原作者の権利が先にあるってのは著作権法上もはっきりと明文化されてるじゃないですか?
発注を出して許可したテレビ局としてのコンプライアンス的にどうなのよってなる話ですよね?

そもそも脚本家さんはテレビ局側に付いた身分であってもお偉いさんから見たら君らも単なる駒だと思うんですけどね。
代わりはいくらでもいるってね。

人間って基本的には猿だから何時でもマウントの取り合いで直ぐに他人に対して上を行きたがるものです。
人間である以上は誰でもそういうところありますからね。
コレは自分も常日頃から気を付けないといけない生き物としての阿呆な習性です。

まぁ業界には商売である以上はスポンサーや芸能プロダクションとの利害関係や新人タレントの起用とか避けては通れない要素ってのもあるのは解りますがね。
基本的にテレビ局ってのはクリエイターにもタレントにもリスペクトの意思は全く持ってないでしょ?単なる駒としか見てないよ。

奴等はお前の代わりは幾らでも居る位にしか考えてないし今世間の耳目を集めて儲かりゃ後はどうでもいいって思ってます。
その上で我々が売れるそのチャンスをお前に与えてやるんだからこちらの言う通りに協力しろ位に考えてます。

だから自分もテレビだの雑誌だのの取材は結構来ましたが全てお断りしてます。
もう過去に一度酷い目に合いましたので学習しました。
全く信用に値しません。
反吐が出ますわ。ぺっ!!

そこで働いてる編集とか脚本とか大切な仕事だしプロフェッショナルだとは思いますよ。
だがプロなら他の異業種であっても同じプロの仕事に対して敬意を持って対等に接しなければならないと思います。

テレビも新聞社も、果ては国家政府も一次クリエイターという業種を下に見てるのは間違いないですよね。
やれクールジャパンだから国の為にボランティア扱いでただで働けだのちょっとお前の作品を紹介してやるからウチの番組にただで貸し出せだの持って来てくださいだの舐めた考えばかりでウザ過ぎます。
俺らはコレで食ってんだよ。
それらを創り出す苦悩や苦労、材料コストに生産コスト、更には管理や搬出運搬のコストなど全く頭にない。
貸すか馬鹿!
何様だよ、お前らその番組とか雑誌で商売して利益出すんだから先ずクリエイターに正当な対価を払え!

そういえば昔その道では高名な服飾デザイナーの先生がお弟子さんの作品展示に使いたいので貸し出してくれとご本人自らお弟子さんといらっしゃったことがありました。

その心意気やよし!
わざわざ先生自らお願いされたら否も応もありませんよ。
勿論了承しました。

まぁ決算的には大赤字でしたが駆け出しのお弟子さんなんでなるべくお安く、ってお願いされたらそりゃもう協力は吝かではない。
どの世界でも弟子を大切にするのは本当の大物だと思います。
そして対価の概念は絶対に見失わない。
お弟子さん共々本物のアーティストですよ。

衣裳担当:ありましたねそんなこと。
たしか渋谷パルコまで持ってきましたよね。

私:懐かしいなぁ。
カーナビ付いてない時だったし田舎者だから道に迷う迷う・・・・


インターネットは良いところばかりではありませんがネットの力で偉そうなメディア連中の既得権益が崩壊していくのを見るのは有り体に言って愉快です。

いかなる場合でも人の不幸を喜ぶのは品がない行為だと思います。
しかしですね、関係ない奴が闇雲に叩くのは単なる正義マンですが、自分の様に過去に少なからずああいう業界の傲岸不遜な体質の被害にあい、たいそう不愉快な、それはもう怒髪天をつく不愉快な思いをした経験を持つ身である以上は復讐というけっして善からぬ願望が満たされるのでメディアが袋叩きにあう事象は自身のストレスの解消には繋がると告白しておきます。

こういう思考を引き起こしてしまう俺もまだまだ駄目人間だなぁ。

PC担当:気付くのが遅くね?



画像はセルジュ・ゲンズブール言うところの棺桶の釘。
俺の吸ってる銘柄は尽く販売終了になってしまい流れ着いた銘柄。

 

PC担当:ゲンズブールはジタンじゃね?

私:パッケージの色が青いのとキツいところは同じだ。
ところでアメリカンスピリッツって日本語に訳すとヤンキー魂でいいのか?

衣裳担当:近いけど違うと思います・・・・それだと少年チャンピオンに連載されそうな感じがします。

PC担当:うんこ座りして吸ってそうな感じだな。
ナニ見てんだコラ、シャバ僧がぁ〜!

私:地元(八王子)にいっぱい居たなぁ・・・・

PC担当:居たなぁ・・・・



あと1108の胸部フレームを造る型のメンテナンス。

 

垂らした樹脂がフランジ面で固まると仕舞う時に型合わせが効かなくなって歪んだりするので半年に一度位の頻度でたがねとハンマーでこびり付いた樹脂を剥がして掃除します。
その後アセトンで拭いて仕上げにシリコーンルブを吹いて磨きあげると完了です。
作業前と作業後の見た目は歴然。
てっかてかですよ。

 

PC担当:なるほど、光ってるな・・・・

私:俺の頭皮を見るんじゃねぇ!!


シリコーンルブを吹いとくと垂らした樹脂が強固に固着するのを防げるので次回のメンテが楽になりますが、持ち上げた時に手から滑るので落っことして破損しがちなのが気を付けなければならない事です。・・・・あっ!・・・・

PC担当:言ったそばから落として傷入れてるじゃないか・・・・

私:ぜんぶ中共とロシア議会のせいだ。

PC担当:今のはどう見てもアンタのせいだろ!

TROTTLA

industria   imitazione
許可無く当ページ内の文字情報、画像を複製、出版、放送等に利用する事は禁止致します。
TOPページへ
Copyright (C ) 2005 TROTTLA All rights reserved