製作日記

<<前のページ | 次のページ>>
2022年1月17日(月)

トンガやべぇ。
火山とか地震とか最近は地球さんがお怒りだ!

多分全部中共とテドロスが悪い。

PC担当:トンガにはガチムチラガーメンがたくさんいるから大丈夫、彼らがなんとかしてくれる。

私:ああ、なんか安心するな。

衣裳担当:1000年に一度レベルの噴火って言われてもよくイメージが解らないですよね・・・・

私:橋本環奈レベルって考えればとにかく滅多にお目にかかることは出来ないスゲェ希なレベルって解るじゃないか?

PC担当:おお!そう聞くと本当にレアだってわかるな!
って言うかおっさん本当に橋環好きだな・・・・

衣裳担当:災害とか失礼でしょその喩え・・・・


日本として出来る事がないか多分政府が動いてるでしょうが、ホント自然の力の前には人間の力など微々たるものですよね。

トンガの皆様が無事でありますように。


南太平洋の島々はとても魅力的ですね。
電話もネットも無い海辺のコンドミニアムで白い麻のスーツにパナマ帽、デッキチェアーに腰掛けキューバ産の葉巻を燻らせながら痛い程冷えたマティーニを片手に夕陽を眺めるという秋元康作詞の稲垣潤一や山本達彦の楽曲なリゾートを送るのが私の夢です。

まぁ三日で飽きるでしょうが。

PC担当:それビジュアル的にはだしのゲンに出てきた朴さんじゃね?

私:そこはせめて横山のケンさんと言ってくれよ・・・・

PC担当:釣竿持っていけば良いんじゃね?

私:そんな事したら3ヶ月は帰らなくなるから駄目。

PC担当:あと稲垣より中森明菜のサザンウィンドを思い出すね俺は。

衣裳担当:クレイジーケンバンドの横山剣さん以外の話が全然解りませんがとりあえず堅気には見えない格好だというのは理解しました。

私:イ〜ネっ!!

衣裳担当:良くないです!




画像は腕と胴体の接合中。

 

接合作業中に細かい部分をぶつけて破損ってのを防ぐ為にクッション材を巻いてます。

指とか繊細ですからうっかり落としたりしたら折れます。

もし折れても直せますが面倒臭いので折れたりしない様にしとくのは当然ですね。

あと少しですが脇の下の加工が非常に難しいので時間が掛かる作業ではあります。

狭くて自分の指とかヤスリとか入らんのですよ・・・・
なのでここだけは紙ヤスリを使います。

2022年1月10日(月)

皆様、明けましておめでとう御座います。
本年度もこのくだらぬ表現規制だらけでつまらない世界を少しでも面白くする為に活動するおかしな男の狂気と情熱に突き動かされた喜劇を宜しくお願い奉ります。

PC担当:いよ!エロ人形先生!

衣裳担当:頑張ってエロ人形先生!

私:その呼称はヤメロといっただろうがぁぁぁぁ!!


あと年賀状をお送り戴きました皆様、ありがとう御座いました。
手書きの年賀状はいつになっても嬉しいものですね。


さて、世間は成人式ですね。
遠い昔の話ですが自分は会とか式とかの集まりがとても苦手なのでそういうのは参加しないで来ましたのでとくに感慨は無いんですが、振り袖の娘さん、あれは良いものだ。
キシリア様に届けたいくらいに。

PC担当:アンタの為の日じゃね?

私:え?50台も半ばなのだが?

PC担当:星人の日。

私:地球人だ俺は!!

衣裳担当:え?でもまだ三回の変身を残してますよね?
私のスカウターはさっき爆発しましたし・・・・・

私:フリーザじゃねぇんだよ!



二日から普通に仕事してましたが雪降ったりで計画通りには進みませんでしたよ。
室温1℃はさすがにちょっと寒いかな、世間一般の基準だと。
自分的には暑いより遥かにマシですが。

 

PC担当:いや、寒過ぎんだろ・・・・

私:全然平気だが?

衣裳担当:そうですよね、宇宙空間に慣れてますからね。

私:地球人だっての!



工房は山にへばりつく感じでちょっと小高い場所なので入り口の坂と階段は少しでも雪積もると通行止めレベルの障害になりますから事前に融雪剤の散布やらいざ積もったら迅速な除去やらかなりの労力を持ってかれます。

 

今回のは7cm位だったのでまぁ半日で除去できましたが、15cmを越えるともう地獄です。
今年は大雪来そうな気がして憂鬱ですよ。

PC担当:雪掻きで腰をやるまでが遠足です。

衣裳担当:そんな遠足は嫌です。



画像は新型ボディー。
脚とボディーの接合は完了したんですが、造形の神様が囁いたのでうっかり天啓を受けてしまい太股をもう一回りむっちりした感じに改造中。

 

今までの歴代モデルは全てやせ形の華奢な感じの女の子ばかりでしたがJr.モデルさん体型ばかりが少女の美じゃねぇぞ、と吾妻ひでお先生のイラストから天啓を受けたので今回はホントどこにでもいる普通の娘さんって感じに主眼を置いて創りました。

バレエなどの激しいダンスレッスンや体操競技とかの厳しいスポーツで幼少期から鍛えたりとかしてやたら細く筋肉質だったりしない自然さ、体育会系でなく文化系って感じの区別というか、平たく言うと運動より漫画とかの方が好きで外遊びより家の中の方が好き、むしろ運動は苦手。

四肢は伸びやかでしなやかだけど肉付きはそれなりにあり、ポッチャリまではいかないがややムッチリな感じでご飯もよく食べておかわりもするぽっこりお腹で健康的な一般家庭の娘さんをイメージして創りました。

衣裳担当:イメージ細か過ぎです!変態の領域です。

PC担当:って言うか正月から妄想とか何やってんだおっさん・・・・

私:妄想ではない!我こそは造物主となるのだ!その為に努力しておるのだ!わはははは!

衣裳担当:119でしょうか?それとも110でしょうか?

いPC担当:保健所じゃね?

私:やめて!

2021年12月26日(日)

クリスマスとかなんら関係無い生活は辛いですがまぁ面倒臭くなくて良い。羨ましくなんかないぞ!

PC担当:あの葡萄は酸っぱいに違いない。

衣裳担当:今は外出も憚られるからみんなささやかですよ。

私:全部中共とテドロスが悪い!!

PC担当:便利な言葉だよな。
まぁ本当の事だけどな。

私:と言うかね、マジで忙しくてね、疲れ過ぎて筋肉痛って言うか腰とか背中もバキバキに凝っててオーラロードが開いてイリャテッセに至りそうだ・・・・

PC担当:なんだそれ・・・・



さて、駐車場に行ったら自分の車のすぐ後ろにやや大きめな野鳥(オナガ)が落ちてました。

 

目を凝らすと横たわってますが極僅かに頭と脚が動いてる様に見えるのですが風のせいかも知れないので死んでるのか気絶してるのか判別出来ません。

鳥ってのは高速で華麗に飛び回るわりにおっちょこちょいな所があるので窓ガラスにぶつかって脳震盪おこしてひっくり返ったり気絶したりしてる事がたまにあります。

その場合ほっといたら車に轢かれたり踏まれたりする危険がある場合は保護、と言うか目を醒ますように介抱してやる必要があります。
実際いままでに何羽も助けてます。
ヒヨドリ、ハシボソカラス、キジバト、ウズラ、コガラ、スズメ、ツバメ・・・・
まぁしかしコイツら助けたのに一度も恩返しに来たことはないですが・・・・
薄情な奴等だ・・・・

PC担当:それはアンタの望む恩返しの要求が高すぎる上に邪だからじゃねぇのか?

私:そりゃ君ィ!野鳥を助けたらその夜に見目麗しい女性の姿で恩返しに来るのが日本の慣わしだろ?
鶴の恩返しを例にとっても昔ばなしの児童向け文庫で幼少期から国民に刷り込まれてる基礎知識じゃないか!
黒セーラー服とか着た押し掛け女房系で博多弁で喋る黒髪眼鏡委員長の橋本環奈タイプ美少女の、いや、もう橋本環奈本人がイイ!
とにかくそういう素敵要素が数え役満な美少女の夜中の来訪を望まぬ男がこの世界にいるとでも言うのかね君ィ?

PC担当:深夜アニメと現実を一緒にすんな!
あと黒セーラーとか眼鏡とか近代アイテムで昔話を勝手にラノベ萌え化させんてじゃねぇよ!

衣裳担当:いません!居たとしてもいい歳してそんなこと公言しません!

私:いや、待てよ・・・・キジバトだけは助けたら妙になつかれて毎日うちに来てデデポッポ鳴いてたな・・・・
なんで女子高生か女子中学生に変身して来てくれなかったのか・・・・気の利かん奴だまったく。

衣裳担当:身の危険を感じたからでしょ。

私:・・・・



真面目な話、鳥インフルとかの伝染病の可能性もあるので死んでるかもしれない野鳥には触れるべきじゃないんですが、もし生きてて脳震盪とかだったら早めに介抱しないと冬場は地面が冷たいので体温低下で死んじゃいます。
鳥って体温低下には弱いですよ。
寒い北国の鳥とかいつも水に浸かる水鳥とか極端な話ペンギンとかは寒さへの耐性が高いでしょうが街中とか里山暮らしの普通の小鳥とかは寒さにめっぽう弱いです。

家畜やペット以外の温血動物を素手で触るのはお互いの為に良くないので、常に車内に常備してるエンジン周りの整備点検に使うディスポーサブルのゴム手袋を嵌めてそっと掴んで拾い上げてみます。
するとまだ暖かいし柔らかいですがさすったり息を吹き掛けたりの刺激を与えても目を醒まさないし瞼(瞬膜)が動かないのでもうお亡くなりになってる様でした。
多分死んで10分と経ってない感じです。

嘴と脚の皮膚を見るに老鳥でなく若い個体、外傷無し、痩せ細ってないし栄養状態よしなので餓死でも怪我でもないのでインフルじゃなかったとしても何らかの病死の可能性も高いですね。
それかドキウツギみたいな有毒餌の摂取か・・・・

あと最近多いんじゃねえのかと思うのが住宅の周りに撒くムカデとかヤスデ向きの殺虫剤とか、ナメクジなどの対不快害虫用の殺虫餌ですよ。

家とかの周囲に無造作に撒かれた5mm位の可粒状の殺虫餌は今回のオナガみたいな雑食性でミミズとか掘り出して食うタイプの野鳥が見付けたら絶対につまみ食いすると思います。

そういうのは縁の下とか鳥が侵入できない場所に撒くようにしなければ罪の無い命を奪うばかりなのでメーカーは野鳥が拾い食い出来ないケース入りのタイプかせめて粉末の奴だけを販売して欲しいですね。
顆粒の奴はヤメロ!売るな!

それだけで野鳥とかリスなどの小動物の直接の誤食は防げます。


ピレスロイド系とかの殺虫成分は哺乳類には安全とされてますが鳥類と魚類には致命的な毒性を持つ薬剤があります。
更に対ムカデ、ナメクジ用だとカーバメイト系の薬剤とかネオニコチノイド系の結構強力な薬剤も入ってます。

体の大きな犬猫はちょっとくらい誤食しても腹壊す位でしょうが鳥はイチコロの場合があります。
体重小さいし。

ほんとは使用者側が注意すべき事なんですが農家でもない一般家庭だとそういうのに無頓着でバラ撒く人が多いのは事実なのでメーカーが対応した方が確実だと思います。

鳥好きな自分としてはそんな人間の勝手な都合で命を落とす野鳥が少なからず居るのは悲しいです。

ナニも殺虫剤を否定してるわけじゃありません。
自分だってカメムシを殲滅せしめる為にはバンバン使います。

しかしカメムシ以外の虫や動物を巻き添えにしない為に十分注意して使用しています。

要は理由ある駆除対象以外の生物を護る為に一工夫が必要だという事です。

メーカーや販売店、ひいては自治体はもっとこの選択駆除の考え方を大々的に広める努力をして欲しいですね。

ホームセンターでただ売るだけでは巻き添え犠牲がデカ過ぎますよ。


で、死骸はほっとくとカラスや野良猫などを呼び寄せますしもし死因が伝染性の病気だったら食ったそいつらに広まる可能性も無きにしもあらず。
明らかな怪我とかで死んだのならそれも自然のサイクルなので放置もアリですが、鳥インフルみたいに人間の経済活動が主たる発生原因で外国から伝播する様な病気の可能性があるのが判ったのであれば他に広まるのを防ぐ処置をしておくのが次なる犠牲を減らすには大事なことです。

可愛らしい動物の死は悲しいですがここは冷静に二次拡散を防ぐのも人間の役目です。

なので桜の樹の根元に穴を掘って埋葬しました。
せめて桜の元で安らかに・・・・

 

あとは自分の手をよく洗って念の為にオナガの落ちていた場所の辺りにアルコールを撒いておわり。

助けようとしても死んじゃったら夜の恩返しも期待できませんから哀しいですね。

衣裳担当:下心隠さな過ぎでいい話が台無しです・・・・

PC担当:大丈夫、ちゃんと化けて出るから。

私:俺が死なせた訳じゃあ無いんだが・・・・まぁ美少女なら幽霊でも可。

衣裳担当:ブレないのはある意味すごいと思います・・・・

私:見直した?

衣裳担当:見下げ果てました。

私:・・・・



今年の更新はこれでおしまいです。
まぁ自分は仕事は31日までやってますがそんなタイミングで更新作業をしたらPC担当が怒り狂うので来年度2日位に再開します。

PC担当:だが断る!!松の内もいいとこじゃねぇか!!

私:じゃあ9日で。



画像は胴体と脚の接合完了。
あとは腕をくっ付けて完成。

 

では皆様良いお年を!

PC担当:ところで恒例の美味しくないカレー送ったけど届いた?

私:ヤメロォォォォ!!!

2021年12月20日(月)

今週も時間がないので日記は短めです。

マジで作業が終わりません。

今年は親のリハビリとか介護とかもありましたが同時に仕事もやってましたのと、くだらないですが見逃す事は出来ない事象が発生してそっちに時間喰われたりで全体的にずっと時間が足りないって言えば足りないんですが、今月は輪をかけて忙しいです。

おまけに端末の調子が悪く文章が作り難いったらなくて仕方なく音声入力をベースにして文章をざっくり作って別の機器に転送して誤字修正というクソ面倒臭いありさまでまっこと辛いぜよ桂さん・・・・

実は先週の日記が短めなのもこの為ですよ。

メールの返信も大変なのでしばしお待ちを。



実家には行ってますが、もう半年以上自分の家に帰ってません・・・・
よく考えたら水道とか止めときゃよかった・・・・

PC担当:て言うかもう引き払って実家すみの方がよくね?

私:引っ越しメンドいし時間無ぇ・・・・物置小屋と化してるがまぁそれも必要だし。



日記のクソ長い駄文がお休みなのでなにか画像だけ載せときます。
横から見た下腹部のカーブにこだわって造りましたよ。

   

PC担当:さすがエロ人形せんせい!

私:その呼称やめろっていったろうが!



原型製作だけでなく生産作業もやってますがそっちの工程は殆どが社外秘なのでここには載せらんないのでご勘弁下され皆の衆。

TROTTLA

industria   imitazione
許可無く当ページ内の文字情報、画像を複製、出版、放送等に利用する事は禁止致します。
TOPページへ
Copyright (C ) 2005 TROTTLA All rights reserved